filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
 自分は教育大に通っている時、経済的理由から1年休学したことがある。おまけに婦人科の病気が見つかって、治療法は無いと言われ、一時は絶望的な気持ちになった。アルハムドリッラー、1年経って戻って来ることができて、母校のキャンパスをすごくアカデミックな空間だなあと感じた。卒業して1年働いて、大学院に入ってまたキャンパスに戻ってきた時も、アカデミックだなあと、働いている「現場」とは違うとギャップを感じたのだった。今、障害者支援施設の職員として、生活支援員と歩行訓練士の二足のわらじ状態で、重度・重複・高齢化されていく利用者の方々と、視覚障害のある多様な訓練対象者の方々にいかに対応していくか、日々暗中模索している。
 放送大学を知ったきっかけは教員免許更新講習だった。働きながらでも受講でき、近くの学習センターでテストを受けられる。とても魅力的だった。実際に受講してみて本当に良かったし、学習の方法もよく分かったので、もっと知りたくなって、試しに学部に入ってみることにした。前期の半期だけの科目履修生になり、1科目だけオンライン講義を取った。これまた良かったので、後期も1科目だけ科目履修生として受講した。その講義は1000人も受講生がいたらしいが、担当教官の先生がとてつもなくきめ細やかに対応してくれていたし、オンライン講義の重要部分であるディスカッションも成立していた。アカデミックかつ実践的で、毎回の講義は知らないことばかりだったが分かりやすく、自分の現場にもすぐに生かせる内容だった。来年度は学部の選科履修生になることにした。
 自分にとって、働くことは楽しいが、学ぶことは苦しみを伴う作業だと思う。しかし、私が生まれる前から今に至るまでずっと特別支援学校の教師である父親は、常に学びを絶やしていない。私が同じ道に進んでからは、だいぶ後輩だろうが娘だろうが関係なく、新しく分かってきた疾病や障害の情報などについて「○○のことを知っているか?教えてくれ」と聞いてくる。その姿を見ていると、分からないことがどんどん噴出する現場で、今ある知識だけで知った風な顔をして日々働くなんてとてもできない。そういう、働きながら学ぶという需要に放送大学ほど完璧に応えてくれる大学は日本には他にないと思う。
 それだけでなく、一から放送大学を選択するとしても、かなり質実剛健な大学であると思う。まだ行ったことはないが、本部には立派な図書館や宿泊施設などがあるそうだ。全国各地にある学習センターも、その中で地元には実際に行ってみたのだが予想以上に機能的で、キャンパスライフを楽しみたい人の必要にも不足は無さそうだ。自分も今働いている分野で博士論文にまとめたいことがある。いつか、自分のエネルギーをそちらにもっと割けるようになったら、博士課程に入りたいという願いを持っている。その時はもちろん放送大学でと思っている。
Img_add9a29c21b5e7d11f7474822f9babf6
静岡側の富士山
昨年も同じことを書きました。
だいぶ経ちましたが、明けましておめでとうございました。
今年もよろしくお願いします。
昨年は仕事上で怒涛の変化があり、出張の多い年でした。
しかし良い意味での変化で、その良い流れは今年につながっていると思います。
夫と日帰り旅行に行くことができたのも良かったです。
自転車で長距離(中距離)移動して帰省できたことも。
インシャーアッラー、今年も1日1日を大切にしていきたいですね。
Img_62f33049b80fae206da6a9249802b86a
静岡側から見た富士山
だいぶ過ぎましたが、明けましておめでとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
Img_10898f59a65f610b1322c65436c92efd
甘党まえだのみたらし団子とお抹茶
年末に大阪に行ったり、
Img_05c97d4dc562220f9828152d9318de3d
1月の雪の様子
Img_78f11f4098b25bfa82088550a64cb957
打つじゃん会の様子
雪が降ったり、囲碁の会に通うようになったりしました。
そして最近は、
Img_724761be6417ccbb814d1f9d2640d728
憧れの学習机
自宅内のほとんどの照明がLEDに切り替わったり、
憧れの学習机が設置されたり、諸々の模様替えがありました。
そして今は、休日はもっぱら教員免許更新講習を受けています。
放送大学でオンデマンドで受講できるので便利です。
一昨年から去年にかけて、大阪への単身赴任や、
利き腕の怪我、その後の仕事の忙しさなどで、
とにかく追われる日々でしたが、
そろそろ自分のペースを取り戻して、
いろいろなバランスをうまく取りながら、
やりたいことをやっていくようにしたいです。

意外と、怪我の影響がデカかった。
学習机に座って日記を書いていて思ったのですが、
それは当たり前のようで、全然当たり前じゃないんですよね。
肘の中の骨折だったので、何よりも手で書くことができなかった。
ピキーンという痛みから解放されたのは去年の秋のことです。
手で書くことって、考えることと直結しているんだなあと思います。
特に自分の場合は。
書けなかった約1年の間、いろんなことが雑になってしまった気がします。
これからは、というかこれからも、日々を大切に生きていこうと思います。




Img_5c01683ed336595e1ee92d7f4c104d4c
帰りは河沿いの道を夫とサイクリングして帰りました
アルハムドリッラー昨日、自動車学校を卒業できたので、ちょうど仕事が休みだった今日、センターでの学科試験と免許証交付申請に行きました。

受付もさっと済み、学科試験が始まり、このまま無事に過ぎるかと思いきや、なんと試験中なのに、写真(本免用ではなく申請用)の「脱帽での」撮り直しを指示され、宗教上の理由でスカーフは取れませんと伝えても「決まりですから」とその用紙を机に置いて行かれました。

そのあと、試験終了後に別の試験官、さらに本免用の写真撮影の係の人、計3人の方とちょっとした問答になりました。途中で学科試験の合格が発表されても、申請写真の撮り直しも拒否したし、この後の撮影でももちろんヒジャーブは取る気はないし、この状態でちゃんと免許証は交付されるのか?と不安でした。

皆さんに教えてもらって、栃木県、神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、群馬県、愛知県、京都府、岡山県、福岡県は少なくとも交付された事実があること、自分のパスポートや職員証の写真もヒジャーブ着用だということを伝えましたが、「法律が違うから」「取ったらどうなるの?何かなるの?お風呂の中も寝るときもしてるの?」「私が取れと言わなくても他の人からダメと言われるかも知れないよ」などと認めてもらえず、こちらも下着姿になれと言われているようなものだ、などと説明しました。

最終的に、「仮免許もスカーフ着用写真なんですけど、その時に自動車学校さんの方から公安に問い合わせてもらってそれで良いことになったので、ということは公安が良いとしているということではないですか?」と言うと「ではとりあえず撮影してみますけど、撮影しなおしを言われるかも知れませんよ」とのことでしたが、その後待っているとついに免許証を交付してもらえました。アルハムドリッラー。

なんかとても、久しぶりでした、こうも引っかかったのが。でもアルハムドリッラー、皆さんにいろいろ情報をもらえて助かりました。伝え方とか話の持って行き方とか、反省というか学ぶべきことがいっぱいあったし、これから他のどなたかにまたこの経験が活かされたらと思います、インシャーアッラー。
Img_5f2807f9c3ffd02ea7847ba4541c5b59
桜が満開
アルハムドリッラー、
3月5日に実習時間が全て終了し、
本日大阪から送ってもらった修了証書が届きました。
これで正式に歩行訓練士(視覚障害生活訓練等指導者)です。
実は、まだ怪我が治っていない、まさかの現状…まあいいや!
こんな日が来るなんて想像もつかなかったけど、
今はなんかの物語みたいに全てが良い思い出になり、
自分の糧となる貴重な経験になりました。
来る日も来る日も白杖を友として仕事をしています。