filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
昨日、ある衝撃的な事実を知って、
なぜだか今日、レポートを書きながらも、泣けて仕方が無い。
まあ、連続登校16日目ということもたぶんにあると思いますが。

「点数なんていらない!」と泣きながら叫んでいた、
あの姿を思い出すと、涙が止まりません。
おめでとうございます、とは、どうしても思えません。

『ほぼ日刊イトイ新聞』のフレーズにあるとおり、
「唯一ってことは孤独ではない」と思います。
独特であることは、孤独とは違います。
「全員」に理解されたら、孤独ではなくなるなんてことも、
あり得ないと思います。
私は最近、ずっと「孤立」についてぼんやり考えていましたけれど、
全員の、完全な、正当な理解なんて絶対あり得ないと気がつきました。
それに、今だって、みんなが全然分かってくれないわけではない。
完全な孤立だってあり得ないのです。
人数は少ないけれど強力な、応援団は、必ずいてくれるものです。

どうか、利用されませんように。
せっかく築き上げたものが、「消耗品」にされませんように。
彼ら自身が使い捨てにされませんように。
自分が信じることを貫き通して、
なおかつ結構多くの人に理解されるという結果になったら、
その時は、心から、
おめでとうございますと申し上げたいと思います。
そういう、勇気のでる前例になって頂けたらと思います。





-----