filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
火曜日、夕方から英語の先生のところに行かなければいけなくて、
ギリギリの時間に研究室を飛び出したところ、
急に、雷が大音量で鳴り出した。
雷は大の苦手なのだが、急がなければならないので、
駅まで走ることにした。
周りの人も結構騒ぐぐらいの雷だった。

半分ほど行ったところで、今度は雨が降り出した。
霧雨のような感じで、まだ大丈夫と思い走り続けたが、
ある時点から急に激しく降りだした。
階段を下りきったところで、観念して、
エスカレータの屋根の下で雨やどりすることにした。
雨はさらに激しく、激しくなって、
一組の別の学生も雨やどりのために入ってきた。

雷も雨も、ものすごい音量だった。
涼しい、そう思って、ふと、愛・地球博に行った当日、
流水の気化熱で涼をとったことを思い出した。

降りだしたときと同じできっとすぐ止むだろう、
そう思って待っていると、そのとおりで
雨は急激に小降りになってきた。
えいやっと決心して、小雨のなか駅へと走った。
駅の屋根の下でも、たくさんの人が雨やどりをしていた。
間に合わないかも知れないと思ったが、
ちゃんと時間にも間に合った。

雨やどりなんて、何年ぶりにしただろう?
でも、終わってみれば、素敵な時間だった。

-----