filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
ここ数日で明確になった事実なのですが、
支払いに関する行き違いが原因で、
現在、例の英語のテストの結果が確認できない状態なのです。
0点よりキツイことは、結果が分からないことだと痛感しました。
どんなに悪い結果でも、それによって次の対策が立てられますから。
支払いに利用させてもらったカード会社さんを含め、
2週間ぐらいずーっとメールや電話でやりとりをしています。

支払いに関して、何もうしろめたいことはありませんし、
こちらの落ち度ではないことは、証明書もあるほどなのですが、
だから根気よく、解決すべく努力すればよいと、
もちろん頭では分かっていて、実際行動も続けていますが、
この事実それ自体に、じわりじわりと圧迫されてきて、
それをはね返して勉強すること自体、
どうしようもなくつらくなってきていたんです。
そんな矢先、10日ぶりに英語のレッスンがありました。

例の7巻の「エンディング」の件に関して、
とやかく言うのはやめようと思い、素直な気持ちで、
「先生のおかげで速く読めて、読み終わりました。
ありがとうございました…」と力なく話すと、
先生のテンションが急上昇!

「なんだって!?もう読み終わった?本当に?」
「はい。そんなに難しくない…」
「この休みの前に読み始めてたの?」
「いえ。それに別に毎日読めたわけでもないし、
一日中読めたわけでもないし…5日か6日間ぐらい…」
「1週間で?!」
未だ興奮冷めやらぬ感じの先生を前に、
どうしてそんなに驚くのかさっぱり分からない私でしたが、
どんよりした気分がだんだん楽になってきました。

その後、今回のトラブルについて洗いざらいお話ししました。
こんな風に書くと「嬉しがり」みたいですが、
こういう話を英語で「洗いざらい話せた」こと自体に、
ちょっと自信がつきました。
(いやむしろこんな凹み状況なので、
嬉しがりにでも何でもなってしまおう…)

それから、一番嬉しかったのは、レッスン中に、
言われた宿題をちゃんとやってきたことと、
今まで先生に言われたアドバイスを生かしていると、
超、超めずらしくほめられたことです、もちろん、
この凹み状況も十分考慮して頂いてのことだろうと思いますが。

実際には、もしやっていかなかったらどうなるか、というか、
単純に言うと先生が厳しいのでやっていっただけなのですが、
この凹み状況のなかで、何とか踏みとどまって勉強を続けられたのは、
思えば先生の存在もあったからだなあ、と改めて感謝しました。

そして、通常の宿題に加え、初のプリント課題…
意外にどっさり、しかも中2日でやれと…
…それでも前をみて、進み続けろと、
そういうことなんだろうなと思います。
-----