filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
前から決めていたことがあるのですが、このにっきでは、
なるたけ仕事のことは書かないようにしようと思います。
ただでさえ仕事仕事になりがちなところがあるので、
ちょっとでも広げていけるように心がけようと思います。
というわけで、
急用で久しぶりに2代目ラップトップをネットにつなげたついでに、
またまたですが久しぶりに英語の先生に会った話でも。

私の声がガラガラだったため、
「教えるときは、歌手と同じでうまくバランスを取って
声の使い方を調整していくんだよ」といきなりお説教。
相手は聴覚障害のある子どもたちだと食い下がると、
「んじゃ、週末は声を使ったらダメ!」と声禁止令出ました〜。
んが、そういう先生の声も変。
「最近すごく忙しくて…」ってあきまへんやないですか!?
You have same experience! と先生の十八番を使ったろか?と思いました。

だけど、今回少し嬉しかったことは、前から密かに考えていたことが
まんざら外れてないかもと思えたことです。
それというのは、去年、必死にやってきた分の成果か、
何だか最近英語がすごく楽に使えるようになってきたなあ、ということです。
でも、先生の前で話したら、そんな淡い感覚もガラガラガラと
一気に叩っつぶされるのではないかと内心恐れていました。

実際そういうことが何回あったか分かりません。
すごく悔しくて情けない思いをしました。
だけど昨日、復帰についてなど、結構真剣な話もして、
スピード的にも相変わらず容赦なかったと思うのですが、
一度も言いよどんだりすることなく話せたので嬉しかったです。
しっかしまあ、速いなあと思いましたが…

その後、なぜか外国から来られたお客様の応対をすることになり、
そこでも去年の勉強の成果が生かせたように思います。
雨水が山にしみこんで、湧き水になるには長い時間がかかるように、
すごく遅いかも知れません、
でも、着実に努力は実ってきている気がします。
-----