filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
昨日、友人と夫と3人で、滋賀県にある二つの美術館を訪れました。
志村ふくみさんの紬織りと、
故・三橋節子さんの絵画を鑑賞しました。

三橋さんの思い出をまとめた本があり、
その題名が「吾木香」だったので驚きました。
私も好きな花だったので。何せ、卒業論文の謝辞にも、
「吾亦紅」が出てくる俳句を添えたくらいです。

志村ふくみさんの紬を拝見したのはこれが二度目だったのですが、
展示換えが行われていて、
前に観たことのない作品に変わっていました。
こういう鑑賞の仕方もあるんだなあと思いました。

この前は夫と、「鍋島」磁器を観てきました。
最近、結構たくさん芸術鑑賞をする機会に恵まれているのですが、
それというのも1月に集中講義を受けた時、
学芸員の先生といろいろお話をさせてもらったからなんです。
私はあんまりよく知らないことだらけなので、
やっぱりきっかけがあると全然違います。
-----
今日は大学の健康診断を受けた。
いつもすごく並ばないといけないのに、
在校生の健診日1日目かつ午前中早くだったのが良かったのか、
これまでで最高ぐらい、すぐに終わった。

その後、ゼミ室内でお引越し(場所移動)。
その間もいろいろな先生や学生がひきもきらず訪れ、
ガイダンスやら、単位の取り方やら、所属やら…
まあ、ひとことで言うと、春ですな。

-----
昨日、大学院の時間割等々の書類を手に入れ、
さ〜て、と軽い気持ちで開いてびっくり!
去年度と今年の互換性が全く無いようにみえ、
えっ?どうしたら良いの?と、一時的、かつ急激なパニックに陥った。
何とか活路を見出そうと、書類を相手にしばらく格闘してみたが、
頭が混乱して、感情的になって、うまくいかない。

仕方が無いので、イライラオーラ全開のまま、事務局へ走った。
「いや、その単位は取ってないんですけど!」と妙なところで逆切れしながらも、
二人がかりで説明してもらい、何とか静まってきた。
研究室に帰り、去年度のものと今年のものの履修の規則や、
既に履修した単位、これから取りたいものなどを自分なりに文書にまとめ、
ようやく、どうしようもないような混乱状態から脱した。

そして今日。
別の事務手続きと確認のため、事務局に行って用件を告げると、
係りの人は、何となく自信のなさそうな感じ。
結局、書類が見つからず、また行くことに。
二つ用件があったのに、二つとも果たせずじまい。

でも、ふと思った。
この春、去年度から本年度への橋を渡ったのは、事務局の人も同じ。
新しいスタートを切って、多少とも不安や混乱を抱えながら
やってはるんじゃないかな。怒ったらあかんわ…

しかし今日、すごく嬉しいことがあった。
何気なく購買のところに行っていて、ふと見ると、
絶対食べられないと思っていたある食品群のうち、
たった一つの種類だけど、何度見直してもハラールのものを見つけた!
さっそく試してみた。おいしかった!



-----
先日、怒ってはならぬ、と書きましたが、
今日、さらに新たな問題が発覚し、一度、いや二度?抑えた怒りが
もやもや〜と頭をもたげてきました。
いや、怒りというか、失望というか、脱力というか、
今までの努力は何やったん?というか、そういう気分です。
一生懸命、ギリギリのところでがんばっていたという自負がある分…

とにかくはっきりしていることは、
ある機関に自分で行って、
直談判してこなければ行けないということです。
そうしろと言われたので仕方がありません。
度重なる「壁」登場に、
一時は、あきらめようかとまで思いましたが、
やっぱりあきらめるのはやめました。
こうなったら泣き寝入りだけは絶対しないからな、
なめたらあかんでワレ〜(違う方向に行っている…)

でも、よく考えたら、インシャーッラー留学できたら、
こんなトラブルなんてそれこそ山ほど襲ってくるんだろうな。
ビビッてる場合じゃないんでしょうね。
これも経験やと思って、何とか乗り越えようと思います。

-----
さっ、待ちに待った、(待ってない?)100日目がやってきました。
さぬきほっちの勝手に行事創作シリーズの、
記念すべき一行事目でもあります。

それで、何をしようかと、ずーっと考えていたのですが、
100に因んでなんかを100挙げてみようとか、いろいろ考えたのですが、
さすがに100って何にせよ大変だなあと思い、
百は「一ノ日」と書くので、今までの100日間の中で、
一番印象に残っている日を挙げようじゃないかと決めました。

そして、2007年最初の100日間の中で、栄えある「一ノ日」に輝いたのは、
1月31日水曜日で〜す!
何かと言うと、美術の歴史に関する集中講義の中日で、
滋賀県立近代美術館に行った日です。

もともと、全く美術に疎い私ですが、
正直、あまりおもしろくないかもと思いながら行ったにも関わらず、
展示室に差しかかり、一目みた瞬間、その迫力にハッと息をのみました。
それが志村ふくみさんの織との、出会いでした。
そして、日本の芸術家に興味を持ち始めたのもこの日からでした。
三橋節子さんの絵に出会ったのも。
先生に、美術館のバックヤードを案内もしてもらいました。
本当に素敵で、楽しくて、かつ衝撃的な一日だったことを憶えています。

わ〜わ〜!おめでとう1月31日!
-----
先日からちょくちょく書いている件に関して(何の件?)、
今日も独自にいろいろと探ってみた。
その新たな書類をみてさらに腰が抜けそうになった。
無理やん!今年中には絶対無理やん!
腰が抜けそうになったばかりか、腰が引けてきた。

しかしとにかくもその新しい情報と、もう一つの材料を持って、
またまた嵐のごとく事務の人のところへ。
すると!新たな事実発覚。
私が直談判しに行くよう言われたその機関でも、問題は解決できないという。
別の人がもう直談判したらしい(電話だけど)。
そうすると、そこでも分かりませんと言われたらしい。
出た!たらい回し出た〜!

結局、その機関を統括する、早く言えばこの国のトップの機関へと、
とうとう問題が焦点化されてきた。
もっとローカルな話で言えば、一昨日と今日と話が違うんですけど!
しかし、そんな話をしている場合ではないので、
徹底的に尋ねまくり、こちらも事情を徹底的に説明し、
そのトップの機関から通達が来ないと誰もどこもどうしようもない、
というのが現在のところだということが分かった。
とりあえず直談判は無しになったので良かった。
通達が出ても不明な場合は事務の人が訊いてくれるとのことなので。

めげない、しょげない、泣いちゃだめ〜!
(NHK教育「ざわざわ森のがんこちゃん」より)


-----
昨日、俳句ができました。
道を歩いていたら、桜が舞い散ってきて、
その時の様子を俳句にしてみました。

       と
       び
     こ は
     い し
     ぬ ゃ
   散 の ぎ
   る よ
   さ ふ
   く な
   ら 

あ、ちなみに、私は10年前から俳句を作るようになりました。
ある雑誌に投稿した時に、選者の先生から
10年やれば立派な俳人になれますよ、とのお言葉をいただいたのですが、
あまり積極的には作ってこなかったので、まだ俳人には至っていません。
だけど、ぼちぼち続けようとは思っています。
-----
先週9日月曜から新学期が本格的に始まり、一週間が経ちました。
無我夢中で走ってきた感じです。
この春から社会人になった友人、後輩方も多数いますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
とりあえずゴールデンウィークを目指して走る、と言いますが、
おそらくそうだと思います、私もそうです…

しかし問題はその後ですね。
私も、例年のように、5月はまだ良いですけど、
6月、7月ときて8月あたりでガックーンと体調悪くするとか、
そういうことのないように気をつけようと思います。
決める 広げる スマイル で行こうと思います。
決まらん 殻に閉じこもる 眉間にしわ とかにならないように。

とりあえず、今週もまだマラソン状態です。
例の懸案事項が最大の難関です。
あかん、あかん、スマイルや!

-----
アルハムドゥリッラー、例の懸案事項が解決しました!
夫の、直接電話しちゃえば?という思いつきに乗って、
事務の人に、直接電話しても良いですか?とお尋ねし、直接電話しました。

相手は、日本中を相手にしているところなので、
個人の学生が電話してくるな!とか、言われるだろうかと、
相当覚悟したのですが、予想に反して電話の向こうからきこえてきたのは、
すごくおしとやかで丁寧な感じの女性の声。
まさに、ザ・電話受付 といった感じの対応をして頂きました。
こちらも影響されて、精一杯丁寧な感じで状況をお話しました。
そして問題は解決しました!
事務の方にも結果を報告しました。
ほっ。良かった。


-----
最近、ウェブログなどで、携帯カメラやデジカメで撮った写真を
即貼り付ける、というようなことが一般的になってきましたよね。
今は別に要らないと思うのですが、もしも留学できたら、
そういうちょっとした記録ができたら良いなあと思っていました。

携帯もデジカメも持っていないのですが、ウェブカメラは持っている私。
ふと、思いつきました。
スケッチをして、それをウェブカメラで撮って、載せたらええやん!
最近美術にちょっとずつ親しみを感じてきたこともあり、
スケッチの腕には全く自信はありませんが、
やってみようかな、と思っています。


というわけで試しに載せてみました。写真は、コンテで写生した風景です。タイトルは「扇階段」です。(今つけました)学部生時代に図工科教育法か何かの授業で描きました。全くうまくないのですが、すごく思い入れのある風景のため、なぜか見ると懐かしい気持ちになります。クリックすると巨大化しますが、線が曲がっていたり、いろいろしますので、あまり詳しくみないでくださいね。

もう一つの写真、これは版画です。また別の講義で作りました。子どもっぽいことこの上ないですねぇ。タイトルは「いざ、未来へ!」だそうです。裏に書いてました…非常に見にくいですが、ちゃんとヒジャーブをつけて、お気に入りのアバーヤを着て、なんと箒に乗って、虹のかかった谷間から山を越えてどこかに行こうとしているところです。どんなんや…

-----
なんとまあ。昨日から体調を崩してしまいました。
久しぶりの熱、鼻みず…はまだ良いとしても、
今週末の英語の試験のことを考えると、
声が嗄れ、耳が痛いことが打撃でした。
スピーキングもリスニングも無理ですやん!

というわけで、英語の試験をリスケジュールしました。
駄目でもともととサイトを見たら、すごく良い日時があいていたんです。
3日前は未定状態で予約不可能だったのに!
新しい制度になってから、全然予約できへんやん!
とずっとイライラしていたのですが、頻繁に見ればできるんですね。
転んでもただでは起きぬのできごとでした。

-----
今日、大学に向かうため駅に行くと、ホームに上がるエスカレータのところで、
女の子とおばあちゃんらしき人の後ろになった。
その女の子が、エスカレータに乗る私の足元を見て、
「みんな、じょうずにのれてるね〜!」
とおばあちゃんにひとこと。
「そうやねえ。じょうずねえ。」とおばあちゃん。

私 ・・・
・・・ええなあ!その感性!すてき!
と、心の中で思いました。

-----
フィリツのページおよび、うち、ムスリムやねん。の更新についてのお知らせです。
ずーっと、やりたいなぁと思いつつできていなかったので、
予告をさせていただこうと思います。
両サイトとも、アップロードしたいものが溜まってきましたので、
大型連休が終わるころまでには、大幅に更新しようと考えています。
インシャーッラー。
大型連休は皆さん、お忙しいと思いますが、
まうすやす芽にいかがでしょうか。
-----
今日の師のひとこと。
うまくいっていないということは、時間をかけていないということ。

なるほどな、と思った。
自分の今までの拙い経験の中でも、
半年とか、待って、待って、待ち続けて、やっと、
よっしゃーっ!となることはたくさんあった。

でも…
実は、昨日は久しぶりに持病で恐ろしく痛かった日だった。
下半身が泥沼に浸かってるみたいで、
そのせいでどんな思考にも常に邪魔が入っている感じだった。
そしらぬ顔をして講義に出て、働いてた自分が居たけど。
そういうふうになれたのも時間が経ったから?
もちろん私はムスリムだから、信仰があるが、
何て言ったら良いか、
時間が経つのがこわかった時期があることを、
私は忘れないでおこうと思っている。

でもやっぱり時間は優しいと思う。
海みたいに、何でもゆっくりと癒えるような気がする。

-----