filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
(かずん)ドリームスクールノートの準備をする、
略してCDSN準備室の一回目です。

あくまで中級からの英語学習の壁とその打破を目的として考えてみます。
どうして中級かというと、世間一般的には初級からのものが多いことと、
私自身は、中は中でも中途半端の中なので、それで困っているので、
そこにこだわって解決策を考えてみようと思うからです。

まず、今までの自分の学んできたやり方で、良いと思うものを挙げます。

一つ:文法書はオール英語のものを
・英語の文法を学ぶ時、難しい日本語の英文法用語を憶えるだけの、
余力ってあります?
私は無いです。
高校の時、英語の授業は英語で、文法も例外ではなかったので、
私は未だに日本語の英文法書を持っていません。
多分、日本語の用語ではいろいろ知らないものがあると思います。
でも、別に今までのところで困ったことはありません。
そこのところの労力は省いて良いんじゃないかな?
…だめかな?
 
一つ:辞書も英英を
・最初は、英英辞書の説明を読んでも、ちゃんと理解できたのか
何となく不安になるもの。
でもだんだん、英和では不安になってくる時がきます。
(意味は分かったけど使い方はどうするの?とか)
それに、英英は一発でいろいろな勉強になるので、とてもお得です。

英語が得意な人や、特に通訳・翻訳を目指す人はいざ知らず、
私みたいにもともと英語が苦手な人は、
こういうところで省エネをして良いと思うのです。
…だめかな?
…良いとしよう!

つづく。

*ドリームスクールノートとは?
-----
仕事に行っているとなかなかこのさぬきにっきを書けないものですが、
その後も熱心に、かずんを使うための準備を続けております。
まず、毎日、手帳に何か書いてます。しかも2冊。
来年の某手帳はもう今月から始まっているからです!気合です。
それに伴い五年連用日記の記入もスムーズです。なんでだろう。
全然違うこと書いてたりするのですが。

さらに、「きょうから日記を書いてみよう」(汐文社)という、
素敵な本(3冊シリーズ)を再び図書館から借りてきました。
再びというのは、ずっと前に一度読んだことがあるのです。
ただしその時借りたのは「3」だけでした。今回は全巻。
通してみてみると、以前よりもっとおもしろく感じられました。
前は意識しなかったのですが、ストーリー仕立てになっているんですね。
一番衝撃的だったのはイラストについていたこのひとこと、
「おわりへんでもべつによし!」
これは本当に最高のアドバイスだと思いました。
こういう感じの的確なアドバイスがおもしろ分かりやすく書いてあります。
今後、自分が何かを書くこと全般に影響するかも知れない本です。

この準備室トピックで書き始めましたが、英語の勉強についても
結構いろいろと考えています。
なんだかまとまりのない記述が続くかもしれませんが、
今回、一番のコンセプトは「過程を記録する」なので、
こんな感じで続けます。
…つづく






-----
ところで(準備室2からの「ところで」です)、
準備ばかりじゃなくて、「今」は何をやっているかというと、
とりあえずトルコ語は一週間単位で範囲を決めて勉強しています。
勉強したことはトルコ人の友人と会うときなるべく使うようにしています。
今もっているテキストは、3月末に終える予定です、インシャーッラー。
同じ時期に、英語の文法の復習で決めた範囲を終えるつもりです。
(主教材にするのはケンブリッジの青いやつです)
それとTIMEとか、持ってるCDのリスニングとか、後はWEB利用です。

それから、話が変わりますが最近「こどちゃ」に再びはまっています。
図書館で借りて再読してあまりに良かったので、全10巻注文してしまいました。
自分でコミックス買ったのって初めてかも知れません。
同時にわりと最近出た障害学に関する書籍を2冊。

そして、今までの系統の薬をあきらめ、漢方に変えたので、
副作用が無くなり気分はすこぶる良いのですが、
病気そのものの痛みだけクローズアップされた感じのこの頃です。
嵐のような副作用だったけれど、薬は確かにある種の働きはしていたんだな、
と、薬くん見直したよ、ごめんね、という気分です。

柿のケーキ作り、2回目の挑戦をしたいとも目論んでいます。
「今」はこんな感じです。



-----
最近、「こどちゃ」に再びはまっています。
私、コミックスは手塚作品とかごく一部以外全然読まない方なのですが、
この作品は別ですね。
何せすごく「ええ話」なんです。
このお話が最初に出たとき、年代的に同時代を生きていたので、
内容とか気持ちとか本当にどんぴしゃだったんです。
学級崩壊とか、いじめとか、不登校とか、家庭不和とか…

よく少女マンガって「少女マンガみたい」という言い方が
形容詞っぽく使って通用するぐらい、ある一定のイメージがありますけど、
こどちゃは違うんですよね。
絶妙な現実感というか、そういうのがあって、
フィクションなんだけどよりはっきりと現実を考えさせられる、
そんな内容なんです。少なくとも同世代だった私にとっては。

今読み返しても、当時の友だちのこととか、自分の気持ちとか、
懐かしく思い出しました。
それに、何だろう、主人公のお相手の男の子の気持ちが、そのときよりよく分かる。
ほんでもって、その気持ちをよく理解できる主人公がすごい、と、改めて思いました。
むしろ私自身は、あの当時、主人公の女の子よりも、
男の子の状況の方に限りなく近かった。
もう常にイライラしてたし、余裕も無かったなあと思います。
かなりへんてこりんだっただろう私なのに、
周りの友だちってよく付き合ってくれたもんですね(←ひとごと)[[pict:hi]]
「学校生活たのしい!」と言える、あんたは幸せだよ弟よ(←いきなり)
まあ、私たち学級崩壊世代も、それがなんか「共通の話題」になって、
今じゃなつかしく振り返って共感してたりしてます、わはははは!(←いいのか?)
おまけにわたしゃ教師だよ、わはははははは!(←ほんとにいいのか?)

とにかく、ほんまに「ええ話」なので、
生まれて初めてコミックスを全購入してしまいました。
荒れまくっていた男の子が成長して、
別の家庭問題を抱えた男の子に対して、バカにするんじゃなくて、
自分ももし一人も理解者(=主人公)がいなければ、
同じようになっていたかも知れない、自分はラッキーだったと言って、
未だラッキーじゃないその子のためにもしっかりしようとし始める場面は、
現実感と少しの希望が合わさって、特に印象的です。

「こどものおもちゃ」小花美穂 



-----
なんか年々、街がクリスマスムードに切り替わるタイミングが
早くなっている気がします。
ま、私たちの教室も、「秋」バージョンの壁面が充実したなと思ったら、
あっというまに全部はがして、外からクリスマスツリー3つも描いて、
中から子どもたち制作のオーナメントを吊るし(貼り付け)始めています。
サンタさんからのプレゼントももうばっちり準備OK!
まだまだなのにね〜って明後日がクリスマス会だから仕方ないですが。

近年クリスチャンやカトリックの知り合いが増えたので、
また全然違う意味でのクリスマスムードに接する機会もあって、
あ〜なんか複雑です。
でも全然、嫌いじゃないんですけどね。
夫婦としては今年も「ケーキの日」として、
おいしくお安くケーキをゲットするべくがんばりま〜す!

-----
お豆腐がおいしい季節でございますが…
最近気づいたことですが、「TOEFLiBT80を目指すなら…」みたいな広告が
このさぬきにっきの下に出ていた時がありました。
むふふ…[[pict:meromero2]]うち、iBTを初めて受けた時から80越えとってんで〜
大学院留学の奨学金は100以上を要求するところが多かったから、
ずっと100以上のことしか考えてこなくて、
「足りない」としか思ってこなかったけど[[pict:soppo]]むふ、むふふ。
なんかちょっとうれしかったなあ。
ほんでその100にもあとちょっとなんだけど。
ここが中級のきついところ。中級の中は中途半端の中!
気合入れなおしてがんばるぞ![[pict:goo]]

-----
うち、ムスリムやねん。に、
初対面の方によく尋ねられる質問とぜふらの答え を追加しました。
新しいパソコンにビルダーを入れ直して設定し直したので、
他にもちょこちょこと微調整しました。
-----
いつの間にやらクリスマスもびゅん!と過ぎ去って、
やって来る来るお正月!もういつつ寝るとお正月!
私は昔からお正月が大好きなんです!
年賀状[[pict:post]]もおせち[[pict:knife]]も気合い入れまくりです!

というわけで明日から帰省して参ります。
今年の反省と新年の抱負は帰省先でじっくり考えることにします。
本年も、このさぬきにっきならびにfiliz、うちムスサイトに
おつきあいいただき本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
皆さんどうぞよいお年をお迎えください。
インシャーッラー新年にまたお目にかかります。

ヒジュラ暦1430年[[pict:moon]]ならびに2009年に寄せて。
さぬき ほっち ぜふら




-----