filizのページです。
Text Size :  A A A
ごあんない| はいく| 写真| つづる| さぬきにっき| リンク| うち、ムスリムやねん。| Twitter @Sanuki_Hottea| おたよりはこちらから| おしらせ
今日って、山梨では「おひなまつり」なんですって!
というか、今日が、お雛飾りを片付ける日らしいです。
4月1日からの新職場で、実際に今日、片付けでした。
全国でいろいろ違うのかなあ?
大阪では3月3日だったけど。

あと、職場でよく耳にする甲州弁、第1位は、
「〜し。」
基本的に動詞の命令形の語尾について、
「お〜下さい」の意味らしいです。
関西弁の一部でいうところの、
「〜よし」や「なはれ」に近いかも。
あと、「ずら」。
「ほうずら!」「ほうじゃねぇずら!」
(「そうだよ!」「そうじゃないよ!」)
ってな感じです。
一文の発音の全体的な流れも違ってて、
全て意味の分かる単語なのに、
お互いききとれなかったりすることもあります。
すごく気を使ってもらっているのも感じます。
でも、違うことを前提で、
お互い歩み寄ってわかり合おうとできるって、
素敵なことですよね。

最近、雨や曇りの日が続き、
富士ちゃんが見えません。
でも職場が楽しくて、さびしくないよ〜、富士ちゃん。




-----
大阪の前職場の皆さま、お元気でしょうか。

最近いろいろな方からメールや、
郵送でお手紙や写真等をいただいて、ありがたい限りです。
とても懐かしい…私の方は何とかやっております。

自分でも予想以上に、意外にも、
子ども相手じゃなくても、大人の方でも、楽しくって、
びっくりしています。
予想どおりに夜勤はたいへんで、
手際の悪い自分に嫌気がさすのですが、
同僚の方や利用者の方々に助けられ何とかもっています。
ちょっとあれな話ですけど、便失禁が連続したりすると、
まだまだ処理に時間がかかりすぎてしまうんです。

でも、前職場ではトイレの女王と言われていた私…
ちょっと微妙なネーミングですが、
排泄はとても大事な基本的生活機能です。
幼児期を対象にしていた前職場では、
トイレトレーニングにももちろん大きな比重がかかっていて、
そんな中、私が(たまたま)よく関わっていた子どもさんが
2人連続でトイレでできるようになったことで、
このあだ名?がついたんです。
トイレ介助がキライじゃないってのもあって、
回数が多かったからだと思いますが。

でも、名誉な称号だと思います。
だって本当に排泄って大事なことですからね。
だから!!トイレの女王は連続便失禁なんかに負けないのだ!!
と闘志を燃やす私であります。
ビイズニッラーもっと手際よく、
いろいろ支援ができるようになりますように。
-----
ずいぶん前からお知らせしていた、移転前の旧サイトが、
3月31日に閉鎖しております。
このさぬきにっきからのリンクも含め、
ずいぶん前から新サイトを続けてきていますが、
filizの方をgoogleで検索すると、
どうしても1件目は旧サイトが表示されてしまいます。
閉鎖と出ましても、驚かれませんように。

また、転居先(自宅)で、昨日無事ネットが開通しました。
今までiPhoneに頼ってやってきましたが、やっぱりPCは楽だ…
これからは時間を見つけて「filiz」、「うち」の改装も…
と考えています。
今後ともよろしくお願いします。
-----
最近、ちょっとさびしい気分に見舞われています。
そして、去年度のまとめとか執筆とかあれとかこれとかやらなきゃ!
という焦りも感じています。
そんな時こそ「今から!」という気持ちで焦らずめげずやっていこうと思います。

それにしても最近思うのが、
感動と感謝の気持ちってすぐ薄れてしまうなあ…ということです。
アルハムドリッラー、無事に引っ越せたこと、
空気や水がおいしいこと、富士山が見えること、
これまでと同じような仕事に就けたこと、
これまでよりは広くなった部屋に住んでいること、
引っ越してもネットがあるので連絡が取りやすいこと、
一時的に体験した「寝袋」じゃなくて布団で寝られること、
調理に火が使えること、2穴ガスレンジが使えること、
そして本棚があって本を並べられること、
作業がしやすい机と椅子があること、
吸引力の変わらないただ一つの掃除機、
iPhoneや無線LAN、
バス・トイレ別なこと、お風呂のお湯につかれること、
そして結婚して以来の多分最大の贅沢、
買ったテレビ(意地でも画面は小さい)があること、
ごく近所に超お気に入りのスーパーがあること…

最初はすっごく感動して感謝していたのに、
すぐなんか当たり前みたいになりそうな自分の心であります…
本当にアルハムドリッラーなのにな…
そうならないように、にっきに書いてみました。
改めて書き並べてみるとすごい贅沢だと思う…
これからも、変に焦らず、ひるまず弛まず、
今の自分の位置でやるべきことがちゃんとできますようにと祈ります。
-----